ネットでお小遣い稼ぎ【実践!ちっちのアフィリエイト生活】トップ ネットでお小遣い稼ぎ【実践!ちっちのアフィリエイト生活】サイトマップ ネットでお小遣い稼ぎ【アフィリエイトASP一覧】 ネットでお小遣い稼ぎ【クリック課金・クリック保証サイト一覧】 ネットでお小遣い稼ぎ【ブログライターサイト一覧】 ネットでお小遣い稼ぎ【ポイントサイト一覧】 ネットでお小遣い稼ぎ【メール受信サイト一覧】 ネットでお小遣い稼ぎ【アンケートサイト一覧】 ネットでお小遣い稼ぎに使える便利な無料ツール一覧 リンク・相互リンクについて ブログで使用しているお小遣い用語集 ad
実践!ちっちのアフィリエイト生活 > [SEO&アクセスアップ]HTML講座
ValueCommerce(バリューコーマース)

【ValueCommerce(バリューコーマース)】特徴・説明
【ValueCommerce(バリューコーマース)】にまだ登録していない方はこちら

稼いだポイントを合算しよう

アフィリエイトで稼いだ大事なポイントを有効に活用できる方法です。ひとつひとつのサイトでは換金最低ポイントに達しず、なかなか現金化できない場合は、ポイント合算サイトを利用しましょう。
ポイント合算サイト【PeX(ペックス)】特徴・説明
ポイント合算サイト【PointExchange(ポイントエクスチェンジ)】特徴・説明
ポイント合算サイト【Gポイント】特徴・説明
ポイント合算サイト【ネットマイル(Netmile)】特徴・説明

SEO&アクセスアップ

SEO&アクセスアップ【初級編】
作ったブログを検索エンジンへ登録しよう!
ブログランキングに参加しよう!
Ping送信を設定して更新を伝えよう!
アクセスカウンターを設置してアクセス数を把握しよう!
RSSを発信して更新情報を伝えよう!
逆アクセスランキングを設置してアクセス元を把握しよう!
GoogleのPageRank(ページランク)をチェックしてみよう!
【あし@】に登録して足跡を残してみよう!
【エディタコミュニティ】に登録しよう!
【オートリンクネット】に登録して自動で被リンクを増やそう!
【@roots(アットルーツ)】に登録して自動で被リンクを増やそう!
BlogPeopleに登録してコミュニケーションを広げよう

SEO&アクセスアップ【中級編】
メタタグを設置して検索エンジンの上位表示を狙おう!
Google用サイトマップを登録しよう!
Yahoo!検索用サイトマップを登録しよう!
MSN(Bing)のサイトマップを登録しよう!
ちょっとサイトを見直してSEO対策
サイトやブログの記事がインデックスされているか調べてみよう
SEO効果のあるブログタイトル作成方法
ソーシャルブックマーク登録でアクセスアップ
ブログのアクセスアップ - リスティング広告でアフィリエイト

SEO&アクセスアップ【上級編】
目指せ!Yahoo(ヤフー)カテゴリ登録!
目指せ!Dmoz登録!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気お小遣いサイト・関連記事をチェック!応援も宜しくお願い致します!
人気お小遣いサイト・関連記事をチェック ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキング FC2グランキング
          現在位      現在位      現在
    

--年--月--日 (--) | 編集 |
アンカーテキストの使い方

アンカーテキストとは



アンカーテキストとは、リンクを貼っているテキストを言います。SEO的にもアンカーテキストは比較的重要で、よく「詳細はこちら」や「ここをクリック」などとリンク先のページへ誘導しているサイトも見かけますが、アンカーテキストの貼り方としては不十分であり、検索エンジンには「こちら」「ここ」が書いてあるページと認識されてしまいます。

正しいアンカーテキストの貼り方としては、キーワードを含めたテキスト全体をリンクで貼るようにする必要があります。リンク先のキーワードの重要性が高まります。

<a href="URL">アンカーテキストについて解説したページです</a>


キーワードを含めた正しいアンカーテキストの貼り方を心がけることで、自然とSEO内部リンクの構築に一役買っているというわけです。逆にリンク先の内容とあまり関連性のないアンカーテキストで、リンクをたくさん作るようなことはマイナスになりますので注意しましょう。


アンカーテキストのtitle属性とは



アンカーテキストにtitle属性を記述すると、アンカーテキストにカーソルを合わせた際に、ツールチップ(マウスポインタの下に適宜表示される小さな説明窓のこと。)がポップアップされるようになります。title属性はtitleタグのこととは違います。

ツールチップが表示されるメリットは、アンカーテキストとは別の補足的な内容を示すことができる点です。音声ブラウザなどでは補足情報として、指定された補足内容を読み上げることが可能となっています。

ただし、補足内容を表示することができるからといって、キーワードを羅列することはスパム行為としてペナルティを受ける可能性があるようですので注意する必要があります。



実践!ちっちのアフィリエイト生活


スポンサーサイト
人気お小遣いサイト・関連記事をチェック!応援も宜しくお願い致します!
人気お小遣いサイト・関連記事をチェック ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキング FC2グランキング
          現在位      現在位      現在
    

2011年10月21日 (金) | 編集 |
strongタグとbタグの違い

strongタグとbタグの違い


ブログやWEBサイトをお持ちの方なら、少なからずHTMLで強調タグである「strong」タグや「b」タグを見かけたことがあると思います。見た目で表示される太文字は同じですので、気にせずに使っている方も多いと思いますが、実は意味が違うことをご存知でしたか。

「strong」タグの意味は「強調する」、「b」タグの意味は「文字を太文字にする」。どちらも見た目では選択したキーワードが太文字で表示されます。しかし、検索エンジンから、あるいはSEOからすると、「strong」タグで選択されたキーワードが重要なキーワードと認識されるのです。そのため、「b」タグは視覚的な強調とも言われます。

当ブログで利用しているFC2ブログのテキスト編集においても、「B」ボタンを押すと、キーワードが「strong」タグで囲まれますので、この意味を知らないと、全て「strong」で強調されます。

強調「strong」タグの使い方


「strong」タグが、検索エンジンから、もしくはSEOからすると重要であることをお話しましたが、だからといって「strong」タグをたくさん使えば良いというものではありません。逆に「strong」タグを乱用するとペナルティを受けることもあります。つまりページの質を下げることにつながります。

強調「em」タグの使い方


強調タグには、「strong」の他に、「em」タグがあります。「em」タグの意味は、「strong」と同じ意味の強調になりますが、「em」タグよりも、「strong」タグの方が強い「強調」になります。しかし、一般的なブラウザでは斜体として表示されますので、ただ単に斜体として表示したい場合は「i」タグを用い、強調と斜体と区別したほうが良いでしょう。


今はブログを利用しているので、HTMLやタグについては不慣れでもサイトを作ることはできますが、いずれ、自分のHP(ホームページ)・WEBサイトを作りたいと思っていらっしゃる方は、少しずつHTMLやタグについてお勉強していきましょう。また、ブログのみを運営されている方でも、サイト作りの知識は必ずあなたのブログの検索結果上位の役に立つと思います。



実践!ちっちのアフィリエイト生活
人気お小遣いサイト・関連記事をチェック!応援も宜しくお願い致します!
人気お小遣いサイト・関連記事をチェック ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキング FC2グランキング
          現在位      現在位      現在
    

2011年05月10日 (火) | 編集 |
訪問者数  現在 お小遣い初心者の方のナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。